旅するパンマニア

1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニア・片山智香子が国内・海外のパンを求めて旅をする!毎日更新!【国内】都内近郊、北海道、京都、大阪、愛媛、福岡、沖縄【海外】台湾、ベトナム、ハワイ、シンガポール、オーストラリア。目下【港区】のすべてのパン屋を訪問、コンプリートを目指す!珍パンハンターとしても活動中!

【大阪】まるで野菜を食べているようなタルティーヌは必食!オフィス街にあるパン屋さん PAINDUCE(パンデュース)

f:id:panyameguri:20170903055036j:plain

旅するパンマニア 片山智香子です。

大阪市営地下鉄御堂筋線淀屋橋から徒歩4分のところにあるPAINDUCE(パンデュース)「PAINDUCE」とは、 フランス語の[le pain]と、英語の[produce]をあわせた言葉で、 基本を大切にしながらも新たなパンの可能性を生み出していきたいという想いが込められているのだそう。こちらの本店以外にもJR大阪駅内のエキマルシェ「デトゥットパンデュース大阪店」があることは知っておりましたが、せっかくなので本店に。実際、両方のお店に行ってみたのですが少しばかり置いてあるラインナップが違いましたよ。

f:id:panyameguri:20170903054658j:plain

f:id:panyameguri:20170903054627j:plain

落ち着いた色合いの店構え、窓が多く開放感も。外からパン職人さんの作業の様子が見れるのもマニア的には萌えポイント(笑)店内のパンを見て感動したのは惣菜パンの存在感。関東のパン屋さんではあまり見かけないような色合い、野菜たっぷりのタルティーヌに思いっきり食欲そそられました!だから、横須賀のsoilのタルティーヌを見たときに、あれ?このタルティーヌの雰囲気、どこかで見たことあるなーとピンと来たという。(soil by HOUTOU BAKERYの小森シェフはパンデュースでも修行経験があるそうです)

f:id:panyameguri:20170903054830j:plain

f:id:panyameguri:20170903054653j:plain

ネギとブルーチーズのタルティーヌ
タルティーヌの土台として使われているのはバゲットトラディッショナル。伝統的なフランスパンでしっかり発酵をとっているそうで外はさっくりしていながらも、中はしっとりしていて具材をのせた時の食感も楽しめるんです。まぁ、まずはネギの量に圧倒されながらも(笑)食べてみるとこのネギの量の意味が分かるんですよ!ベーコンとブルーチーズがのっており下手するとパンチがききすぎてしまうところ、この大量のネギをのせることによりさっぱりした後味になるんです。

f:id:panyameguri:20170903054655j:plain

レンコンとスモークチキンのタルティーヌ
見て分かるとおり、厚めにカットしたレンコンがてんこ盛り!それにスモークされたチキンとチーズがふんだんにトッピングされていて見た目もオレンジで綺麗ですし、しゃっきりしたレンコンの食感もかなり楽しめるんです。

f:id:panyameguri:20170903055120j:plain

お店の奥にはイートインスペースがあります。ドリンクもそちらでオーダーできる上にお願いすればリトーストしてくれるので時間に余裕があれば是非そちらで食べることをオススメします。私が行ったとき、隣に座っていた初老の男性に「関東の人?」と話しかけられ、こちらのパンが美味しい!という話しで盛り上がりました。パンを通して思いがけない出会いがあるか分からないですからね(笑)

 

PAINDUCE(パンデュース)
住所:大阪府大阪市中央区淡路町4-3-1 FOBOSビル 1F
電話番号:06-6205-7720
営業時間:[平日]8:00~19:00 [土・祝]8:00~18:00
定休日:日曜日
HP:http://www.painduce.com/painduce.html