旅するパンマニア

1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニア・片山智香子が国内・海外のパンを求めて旅をする!毎日更新!【国内】都内近郊、北海道、京都、大阪、愛媛、福岡、沖縄【海外】台湾、ベトナム、ハワイ、シンガポール、オーストラリア。目下【港区】のすべてのパン屋を訪問、コンプリートを目指す!珍パンハンターとしても活動中!

【東京・中目黒】本当は教えたいけど教えたくない!隠れ家な雰囲気のパン屋さん!ジャンティーユ

f:id:panyameguri:20171005044324j:plain

旅するパンマニア 片山智香子です。

中目黒駅を東口にでたらひたすら大きな通り(317号線)の道なりに15分くらい歩いていくと田道という標識が書かれた歩道橋があるのでそれを目印に右手をみるとジャンティーユはあります。ルコルドンブルーパリで製菓製パンコースを修了された坂口シェフがオープン。ちなみにジャンティーユとはフランス語で「やさしい」という意味。

f:id:panyameguri:20171005044543j:plain

f:id:panyameguri:20171005044609j:plain

一番最初に行ったのが2013年なのでかれこれ4年位前。それからも何度かいっていますが、白を基調にところどころウッディーさもあり、小ぶりで美味しいのはもちろん、フォルムも可愛いパンたちが綺麗に並べられたその様子は女子なら絶対に好きな雰囲気。基本的にすべてのパンを天然酵母(ルヴァン種?)で作っているそうで、初回にいった時は2階でランチを頂きました。ブールなるイギリスのパン(ブールとは丸という意味)に オニオン、チェダーチーズ、トマト、パストミビーフを挟んだサンドウィッチ。ブールがとっても柔らかいので具材との相性バッチリ! 食べやすいし、味がいい感じになじみます。

f:id:panyameguri:20171005045137j:plain

f:id:panyameguri:20171005045150j:plain

明太ポテトは非常にヒキのある生地で、ふんわりさっくり食べるというよりは、気持ちもっちり。最後にはひきちぎるような感じで食べるパン。ジャンティーユは天然酵母(ルヴァン)を使っているので、その影響もあってか生地自体にほのかな甘味も感じます。フランパン生地にベイクポテトと明太子、マヨネーズが包みこまれているので明太子の生臭さは感じなかったです。

f:id:panyameguri:20171005045330j:plain

生地にアールグレイの茶葉がねりこんでありるストロベリージャムクリームチーズはパン自体から紅茶の香りが凄いするというより食べた時に心地よくアールグレイが鼻にぬける感じ。非常にしっとりしたパン。そんな中特筆すべきはストロベリージャムですね。ちぎった時にイチゴの香りを感じるし、かなりこのパンの味のアクセントに。紅茶とストロベリーだけでも充分美味しいのだけれど、さらにクリームチーズで濃厚さがプラス。朝から食べる惣菜パンとしてもありだけど、スイーツパンとしてゆっくりお茶を飲みながらとどちらにもあいそう!

 

ジャンティーユ
住所:東京都目黒区目黒3-1-1
電話番号:03-3712-9610
営業時間:8:30~19:00
定休日:日曜・祝日
ホームページ:http://www.gentille.ne.jp/