旅するパンマニア

1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニア・片山智香子が国内・海外のパンを求めて旅をする!毎日更新!【国内】都内近郊、北海道、京都、大阪、愛媛、福岡、沖縄【海外】台湾、ベトナム、ハワイ、シンガポール、オーストラリア。目下【港区】のすべてのパン屋を訪問、コンプリートを目指す!珍パンハンターとしても活動中!

【東京・西日暮里】しゃっきり食感!やっぱり美味しい!お豆とレンコンのカレーパン イアナック

f:id:panyameguri:20171218051914j:plain

旅するパンマニア 片山智香子です。

JR、東京メトロ千代田線の西日暮里を下車、開成中学・高校方面に向かって歩きます。開成を通り過ぎ、次のコンビニが見えてきたら右折したら斜め前あたりにイアナックはあります。これは有名すぎる話なのでご存知の方も多いかもしれませんが、ianakの店主は金井(kanai)さん。そう、店名は苗字を逆さ読みしています。オレンジ色の外装は入る前からなんだか元気になれます。

f:id:panyameguri:20171218051211j:plain

f:id:panyameguri:20171218051301j:plain

f:id:panyameguri:20171218051315j:plain

西日暮里駅からの道をさらにまっすぐ行き左折すると千駄木方面に行くということもあり、ここらへんは俗にいう谷根千エリア。下町情緒あふれる雰囲気のあるエリア。バゲットや食パンなどの食事パンもありますが、イアナックは総菜系のパンが多い印象。私が行った時もひっきりなしにお客さんがいらっしゃってましたが、家族連れはもとより男性の方も多かったですね。近くに食べ盛りの男子高生がいる学校があるので惣菜系も充実しているのかもしれませんね。

f:id:panyameguri:20171218051243j:plain

f:id:panyameguri:20171218051914j:plain

人気ナンバー1だというお豆とレンコンのカレーパン。ウコンが入っているので生地自体も黄色く、スパイスがきいていてじわじわくる辛味。焼きカレーパンなのでしつこくありません。ダイス状にカットされたレンコンのしゃきり感とお豆の存在感。以前、お聞きした話によるとこちらのカレーパンは女性スタッフのアイデアなのだそうですよ。もともとレンコンが好きということや、他のお店では見かけない組み合わせで、初めて食べたときに感動したのはもちろん、ついついリピートして食べてしまう一品。

f:id:panyameguri:20171218051233j:plain

f:id:panyameguri:20171218051736j:plain

f:id:panyameguri:20171218051726j:plain

もう一つはパンドラなるスイーツなパン。チョコチップがたっぷり入っており、生地にはカスタードが練りこまれているそう。CUBE型になっていて上にはクラッシュしたアーモンドがふんだんにかかっています(袋から出すときにアーモンドボロボロ落ちます(笑))CUBEがしっかりしているので固いパンなのかと思いきや、食べてみるとさっくりホロホロという食感。クラスト(外)部分、固いというよりさっくりしているので食べやすく、甘すぎないビターな感じのチョコレートが渦巻き状に入っています。思わず、断面映えするパンだなーと写真撮ってしまいました。

ちなみに、上野にあるイアコッペはこちらの姉妹店でございます。

 

イアナック
住所:東京都荒川区西日暮里4-22-11
電話番号:03-3822-0015
営業時間:8:30~19:00
定休日:不定休
HP:http://www.ianak.com/

シュトレン3種類食べ比べ!マリオットホテル東京・ブレドール・ブーランジェリープースドシェフ

f:id:panyameguri:20171217153057j:plain

旅するパンマニア片山智香子です。
クリスマスのパンと言えばシュトレン!11月頃から販売され、購入したらすぐに全部を食べるというよりは、毎日、熟成される味わいを楽しみつつスライスして少しづつ食べていきます。

f:id:panyameguri:20171217153055j:plain

マリオットホテル東京のダークシュトレン。生地に香り高いブランデーとラム酒が入っているのでスライスするとほのかにアルコールを感じる大人なシュトレン。ビターなショコラ味でマロンの優しい甘味が印象的。秋にオリジナルシュトレンを頂い時はフルーティーさを感じましたが、ダークシュトレン、これはこれでまた違った感動がありました。

f:id:panyameguri:20171217153048j:plain

ブレドールのシュトレン。エシレ食パンなどでも有名な葉山の名店。その他のものより砂糖がたっぷり固められているので甘いです。パッと見たときに雪山みたい!と思ってしまいました(笑)中の生地はさっくりほろほろ。

f:id:panyameguri:20171217153058j:plain

愛媛のブーランジェリープースドシェフのシュトレン。お店に伺った時も人気で購入している人が多かったですが、基本に忠実に作られたとシェフがおっしゃっていましたが、定番ならではの美味しさ。ドライフルーツの酸味と甘みがあいまってちょうどよいアクセント。

シュトレン一つとってもお店によって特徴があるので食べ比べてみると自分の好みの味がみつかるかも。

【メディア出演】日本テレビZIP!に出演いたしました

旅するパンマニア片山智香子です。

11月28日(火)日本テレビZIP!」の流行ニュースBOOMERSに出演いたしました。いま話題のパンのお供をご紹介する内容。それらのお供にあうパンをご提案しました。本当は私自身出演する予定だったのですが、ロケ日が愛媛にいる日だったので写真にて(笑)

f:id:panyameguri:20171216182813j:plain

 

【東京・吉祥寺】パンだけも購入可能!吉祥寺の蔦の絡まる外観が素敵!ブーランジェリービストロエペ

f:id:panyameguri:20171215052134j:plain

旅するパンマニア 片山智香子です。
JR吉祥寺駅を井の頭方面に下車し、徒歩3分くらいのところにあるEPEE。濃い緑をベースにした扉にウッディーで蔦の絡まる外観。もうそれだけで気分上がりますよね。井の頭公園へ向かう直線の道からは数本だけずれているので、人ごみも落ち着き、ざわざわしておらず、人ごみも落ち着いています。ビストロなので奥では食事を楽しむことができますが、パンだけを購入することも可能。

f:id:panyameguri:20171215052721j:plain

f:id:panyameguri:20171215053057j:plain

こちらのお店にはかれこれ2年前に行ったきりなのですが、2種類の食パンとブリオッシュパティシエールなるEPEEで人気だというクリームパンのようなものを購入。ふわふわなブリオッシュの中に自家製のカスタード。食感としてはパンというより人形焼に近いかも。もちろん中が餡子ではないので人形焼とは味わいは違うのですが、パン生地の食感が少し近いものがありました。ちなみに食パンは卵、乳製品を一切使用しておらず、湯種製法によって小麦の甘味ともちもちした食感をだしているのだそう。湯種製法で作られるパンは私も大好きなのですが、もっちり感半端なかったです。もう一つは、はるゆたか食パン。国産小麦であるはるゆたかを低温長時間熟成発酵させたのだそう。こちらは食パンほどのもっちりはありませんが、シンプルな味わいでデイリーに頂きたい感じ。

パン以外にもキャロットラペやパテなども販売しているので、今日の夕飯はパンとワインで!なんて思ったら食事系はすべてここで揃いそう。久しく行けていないので、また行きたいのと次回はビストロの方で食事を楽しみながらパンを頂きたいです。

 

ブーランジェリービストロエペ
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-10-4  1F
電話番号:050-5594-1229
営業時間:9:30~18:30
定休日:無休
HP:http://www.mothersgroup.jp/shop/mothers_epee.html

 

 

 

【東京・糀谷】注文から2分で揚げたてふわっふわのあげぱんは格別!ブーランジェリーミモレット

f:id:panyameguri:20171214152604j:plain旅するパンマニア 片山智香子です。

京浜急行糀谷駅から徒歩5分程度。大きな通りなので国道なのかな?を蒲田方面に歩いていき、日の出通り交番前の信号を左折。ガソリンスタンドが目印です。左折して10mくらい歩くと可愛らしい食パンのキャラクターが描かれたオレンジ色の看板、テントのブーランジェリーミモレットはあります。ここは何度行っても自転車が置いてあり、近所の方の生活の一部になっているのだなと感じますね。

f:id:panyameguri:20171214152538j:plain

f:id:panyameguri:20171214152622j:plain

お店の大きさとしてはそれ程大きくなく、3~5名も入ればいっぱいかな。レジカウンターの奥には工房があり作っている様子がチラッとみることができて、マニアとしては嬉しいところ。ブーランジェリーミモレットと言えば、あげぱんが有名。あげぱん自体蒲田周辺が発祥で、蒲田あげぱん(さとうバージョンときなこバージョン)と下町ボブスレーあんぱん(ブラックカカオとチョコチップ入りのパンを挙げてグレースで仕上げたもの)の3種類がありどれにしようか迷ったのですが、スタッフの方が「自分は砂糖が好き」とおっしゃるので、彼女のおすすめをセレクト(笑)とにもかくにも嬉しいのは、蒲田あげぱんは注文してから2分待つと揚げたてを食べることができるんですよ!

f:id:panyameguri:20171214152546j:plain

f:id:panyameguri:20171214152609j:plain

f:id:panyameguri:20171214152613j:plain

お昼を食べずに15時頃に来店したこともあり、本能に任せて、あげぱん、ちくわ磯部揚げ、人気ナンバー1だというミルクフランスを購入。ちくわの磯部揚げは試食もさせて頂き、もう胃がすぐに食べたくて我慢できん!と言っていたので写真も撮らずに即食べてしまったのですが、めちゃくちゃ美味しいです!もともと、ちくわの磯部揚げ自体好きなのですが、こちらのは、海藻入りのもちもち生地にチーズ入りのちくわが入っていて、かなり後ひきます!!!ミルクフランスは、やっぱりバゲット自体が美味しい。カリッと軽めな食感でヒキというよりさっくりした感じが強い。ただ、練乳クリームはもう少し主張が少ないものの方が私自身は好きかな。手のひらサイズなので、小腹がすいた時にもいい!あげぱんはね、揚げたてってこともあり、ふっわふわ。クリームは入っていないのに、しっとりしていてカスタードクリームが入っているかのような優しい甘さ。

それ以外にもやきそばパンやカレーパンなど惣菜系が充実しているし、サンドイッチも美味しそう!毎回、「三元豚カツサンド」なるボリューミーなカツサンドを目にするたび、買おうか迷うんですよね(笑)次回は絶対食べてみます!スタッフの方が下町情緒あふれている優しさでパンを買いに来たのに非常に癒されました。居心地の良いパン屋さんです。

 

ブーランジェリーミモレット
住所:東京都大田区南蒲田2-8-11
電話番号:03-3735-0850
営業時間:7:30~19:00
定休日:日曜日、月曜日
HP:http://www.geocities.jp/kaz11413/mimolette/