SHIINBLOG

旅するパンマニア

1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニア・片山智香子が国内・海外のパンを求めて旅をする!毎日更新!【国内】都内近郊、北海道、京都、大阪、愛媛、福岡、沖縄【海外】台湾、ベトナム、ハワイ、シンガポール、オーストラリア。目下【港区】のすべてのパン屋を訪問、コンプリートを目指す!珍パンハンターとしても活動中!

【東京・東新宿】パンと味噌の相性抜群のみそベーコン!一番人気はネコの手ゴマあんぱん パン屋のどん助

f:id:panyameguri:20180213130548j:plain

旅するパンマニア 片山智香子です。

都営大江戸線東新宿から徒歩4分。ちなみに私はJR新大久保から散歩程度の距離歩き(20分くらい歩いたかな)たどり着いたパン屋のどん助。実は年末に早稲田にある穴八幡宮一陽来復のお札をもらいに行った時に寄ったのだけれど、さすがに年末すぎてクローズ。まぁ、そうですよね・・・(笑)リベンジ!と土曜日の11時頃に行ってきました。住宅街というよりは、大きな道路が近くにあったりビルも多いので週末はそんなに混んではいないのでは?と思った私が甘かった。近所のママさんたちはもとより、男性も多く本当にひっきりなしにお客さんが入っていて、パンの写真を撮っても良いと承諾は得たものの、シャッターチャンスがなかなかないくらいの混み具合。木材に和文字で書かれた「パン屋のどん助」という看板が目印。

f:id:panyameguri:20180213130602j:plain

f:id:panyameguri:20180213131252j:plain

店内中央のテーブルにはやきそばパンやコロッケパンなど惣菜パンが所せましと並んでいる。ボリューミーで目でもお腹が満たされそうなこれらのパン、そりゃー、男性もこれらのパンを求めてくるわ!と思いました。

f:id:panyameguri:20180213131304j:plain

f:id:panyameguri:20180213130412j:plain

一番人気は、ネコの手ゴマあんぱん。店内では袋詰めされているので何のことかイマイチわからなかったが、なるほどネコの手の形をしているのねと。袋を開けておもわずにんまり。肉球みたいに可愛いこちらのパン、こしあんがたっぷり入っておりパン:餡=2:8くらいなボリューム。ゴマの味、風味はあるのだけれどこされているのか舌ざわりも滑らか、小ぶりだから食べやすくこれは老若男女好きなワケです。

私のパン屋さんめぐりのマイルールとして、そのお店の一番人気パンは絶対に食べる!があり、とりあえずそれはクリアしたので、あとは直感で食べたいものをチョイス。

f:id:panyameguri:20180213131323j:plain

f:id:panyameguri:20180213130404j:plain

f:id:panyameguri:20180218101237j:plain

店内でも販売しているという御成道の味噌。国産大豆に国産米麹を使用している様子。レジそばにお味噌のことを大々的に書かれていたので気にはなっており、せっかくなのでみそベーコンを購入。細長く伸ばされた生地にベーコン、味噌、コーンが入っており食べやすいように適度な感覚で切り込みが入っています。味噌がパンに合うというのは以前、天然酵母の草分け的存在で私も大好きなパン店「ルヴァン」の甲田さんに聞き、実際にルヴァンでも味噌ペーストをつけたパンを食べて美味しかったので、これにベーコンがプラスされたらさらに美味しくなるのではないかと食べる前から期待度アップ。パンはヒキのある生地、ベーコン、味噌、ゴマとそれぞれの主張する味が上手くミックスされて味に奥ゆきが。そこへコーンのさっぱり感がプラスされて予想を上回る美味しさでした。

f:id:panyameguri:20180213131336j:plain

f:id:panyameguri:20180213130356j:plain

もう一つは明太フランス。見た瞬間からパン生地がさっくりヒキあるだろうなと分かり、食べずにはいられなかった!実際、その通りの生地で明太子はそれほど辛くないので辛いのが苦手な人でも全然平気。さっくりしたパンに明太子、それを潤滑する油分が丁度良い。バゲットはこれ以上柔らかくても硬くてもダメだなという絶妙な弾力でした。

パン屋のどん助
住所:東京都新宿区新宿7-13-3
電話番号:03-3203-6671
営業時間:7:30~18:30
定休日:日曜日・月曜日・祝日