SHIINBLOG

旅するパンマニア

1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニア・片山智香子が国内・海外のパンを求めて旅をする!毎日更新!【国内】都内近郊、北海道、京都、大阪、愛媛、福岡、沖縄【海外】台湾、ベトナム、ハワイ、シンガポール、オーストラリア。目下【港区】のすべてのパン屋を訪問、コンプリートを目指す!珍パンハンターとしても活動中!

【東京・西日暮里】しゃっきり食感!やっぱり美味しい!お豆とレンコンのカレーパン イアナック

f:id:panyameguri:20171218051914j:plain

旅するパンマニア 片山智香子です。

JR、東京メトロ千代田線の西日暮里を下車、開成中学・高校方面に向かって歩きます。開成を通り過ぎ、次のコンビニが見えてきたら右折したら斜め前あたりにイアナックはあります。これは有名すぎる話なのでご存知の方も多いかもしれませんが、ianakの店主は金井(kanai)さん。そう、店名は苗字を逆さ読みしています。オレンジ色の外装は入る前からなんだか元気になれます。

f:id:panyameguri:20171218051211j:plain

f:id:panyameguri:20171218051301j:plain

f:id:panyameguri:20171218051315j:plain

西日暮里駅からの道をさらにまっすぐ行き左折すると千駄木方面に行くということもあり、ここらへんは俗にいう谷根千エリア。下町情緒あふれる雰囲気のあるエリア。バゲットや食パンなどの食事パンもありますが、イアナックは総菜系のパンが多い印象。私が行った時もひっきりなしにお客さんがいらっしゃってましたが、家族連れはもとより男性の方も多かったですね。近くに食べ盛りの男子高生がいる学校があるので惣菜系も充実しているのかもしれませんね。

f:id:panyameguri:20171218051243j:plain

f:id:panyameguri:20171218051914j:plain

人気ナンバー1だというお豆とレンコンのカレーパン。ウコンが入っているので生地自体も黄色く、スパイスがきいていてじわじわくる辛味。焼きカレーパンなのでしつこくありません。ダイス状にカットされたレンコンのしゃきり感とお豆の存在感。以前、お聞きした話によるとこちらのカレーパンは女性スタッフのアイデアなのだそうですよ。もともとレンコンが好きということや、他のお店では見かけない組み合わせで、初めて食べたときに感動したのはもちろん、ついついリピートして食べてしまう一品。

f:id:panyameguri:20171218051233j:plain

f:id:panyameguri:20171218051736j:plain

f:id:panyameguri:20171218051726j:plain

もう一つはパンドラなるスイーツなパン。チョコチップがたっぷり入っており、生地にはカスタードが練りこまれているそう。CUBE型になっていて上にはクラッシュしたアーモンドがふんだんにかかっています(袋から出すときにアーモンドボロボロ落ちます(笑))CUBEがしっかりしているので固いパンなのかと思いきや、食べてみるとさっくりホロホロという食感。クラスト(外)部分、固いというよりさっくりしているので食べやすく、甘すぎないビターな感じのチョコレートが渦巻き状に入っています。思わず、断面映えするパンだなーと写真撮ってしまいました。

ちなみに、上野にあるイアコッペはこちらの姉妹店でございます。

 

イアナック
住所:東京都荒川区西日暮里4-22-11
電話番号:03-3822-0015
営業時間:8:30~19:00
定休日:不定休
HP:http://www.ianak.com/