SHIINBLOG

旅するパンマニア

1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニア・片山智香子が国内・海外のパンを求めて旅をする!毎日更新!【国内】都内近郊、北海道、京都、大阪、愛媛、福岡、沖縄【海外】台湾、ベトナム、ハワイ、シンガポール、オーストラリア。目下【港区】のすべてのパン屋を訪問、コンプリートを目指す!珍パンハンターとしても活動中!

【横浜・桜木町】とと姉ちゃんにもジブリ映画にも出てきたシベリア! コティベーカリー

f:id:panyameguri:20171210095955j:plain

旅するパンマニア 片山智香子です。
JR京浜東北線桜木町駅から徒歩3分。改札をでて右手にある「野毛ちかみち」なる地下道へ。エスカレーターを降り直進すると突き当りに「南一番出口」があるのでそこを上ると、目の前にコンビニがあるのでその先2軒の居酒屋を通過すると横浜銀行のATMがあるのでそこを右折。数歩歩くとシベリアで有名なコティベーカリー。このアクセス方法はコティベーカリーのHPに写真付きで紹介されているので、本当にその通りに行くと絶対に迷わず行けます!

f:id:panyameguri:20171210095959j:plain

大正5年に初代の祖父が脱サラして老舗の「日本堂」ののれん分けとして始めたお店。しかし、戦争で小麦粉の購入が規制されていたこともあり「コティ」という喫茶店として経営していたのですが、規制が緩和されたこともあり、街に馴染んだその名前でパン屋を再開したとのこと。とにもかくにも、こちらの有名なパンといえば、ジブリ映画の「風立ちぬ」やNHKの朝の連続テレビ小説とと姉ちゃん」にもでてきたシベリアなるパン。

f:id:panyameguri:20171210100026j:plain

シベリアとは何ぞや!とざっくり説明していまうと、カステラの生地に水羊羹がサンドされているどら焼きみたいなもの。昔はどのお店でも売られていたそうなのですが、最近では昔ながらのパンが売っているお店くらいでしか見かけなくなり、ただ、レトロパンのブームやテレビ、映画などでも登場したりしたのでスーパーでもたまに見かけることも。明治から大正にうまれたシベリアは発祥地も名前の由来も謎なのですが、大正時代からいままでずっとシベリアを作り続けてきていることで有名なのはコティベーカリー。

 

ここコティベーカリーのシベリアは、かなり大きいです。片手の手の平では収まりきれないくらいの大きさ。なにより羊羹部分がめちゃくちゃ太い。優しい甘味のカステラ部分にまた違った食感の羊羹部分。駄菓子屋などが街のいたるところにあった頃を思い出させてくれる、なんとも懐かしい味。

f:id:panyameguri:20171210100011j:plain

ちなみにコティベーカリーはシベリア専門店というわけではないので、他のパンも売っています。

 

 

コティベーカリー
住所:神奈川県横浜市中区花咲町2-63
電話番号:045-231-2944
営業時間:(月~土)9:00~20:00(祝)10:00~19:00
定休日:日曜日
HP:http://www.geocities.jp/coty_bakery/