SHIINBLOG

旅するパンマニア

1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニア・片山智香子が国内・海外のパンを求めて旅をする!毎日更新!【国内】都内近郊、北海道、京都、大阪、愛媛、福岡、沖縄【海外】台湾、ベトナム、ハワイ、シンガポール、オーストラリア。目下【港区】のすべてのパン屋を訪問、コンプリートを目指す!珍パンハンターとしても活動中!

【東京・上北沢】和ベーグルとニューヨークスタイルのベーグルと2パターン楽しめる!焼きリンゴベーグルがオススメ! Kepo Bagles

f:id:panyameguri:20171026044142j:plain

旅するパンマニア 片山智香子です。

京王線上北沢駅を降り線路沿いに3分程度歩いていくとKepo Baglesはあります。真っ白い外観にKepo Baglesと味わい深い字で書かれ、入り口の扉も大きな窓もガラス張りなので入店する前から中の様子を見ることができ、雰囲気いいです。

f:id:panyameguri:20171026044648j:plain

数あるパンの中でベーグルも大好きなパンの一つで自分でもたまに作ることが多く、結構好んでベーグル屋さんは行きます。こちらKepo Baglesはニューヨークスタイルのベーグルと和ベーグルがあることで有名。いままでも色んなベーグルを食べてきましたが、こちらの和ベーグルは初めてに近い食感。非常にモチモチ!!柔らかいのだけれど、柔らかいという食感より、モチモチ感が全面にでています。それもそのはず、Kepo BaglesのHPで店主の方の思いが書かれていたので転載します。

『ベーグルの特徴は、なんといってもその食感です。ケポベーグルズ店主(以下ケポ)は、幼い頃からもちもち、むっちり、ちょっと変わった歯ごたえのあるものが好きでした。グミとかお餅とか、こんにゃくとか。そしてパンも大、大、大好き。そんなケポが大きくなってパン屋を開くことになりました。ケポは「食感にこだわったパン作りをしよう」と考えました。それなら食感が特徴の”ベーグル”を通して、パンの食感の面白さや奥深さを追求してみよう、と思ったのです。』

f:id:panyameguri:20171026045528j:plain

f:id:panyameguri:20171026045556j:plain

和ベーグルには国産小麦と麹由来の天然酵母が使われていて、酵母の量を変え食感のバリエーションを楽しめるようになっている様子。その特徴が分かりやすいのがプレーンらしく、4%、6%、10%と焼印が押されています(可愛い!)これは何かというと酵母のパーセンテージ。ちなみに6が惣菜系のものと同じ割合ということなので真ん中とって6%のものを食べてみました。写真ではいまいち分かりづらいけれど、気持ち黄色みがかってます。

f:id:panyameguri:20171026050404j:plain

私のパン屋さんめぐりのマイルール。自分の好き嫌いは横においておき、一番人気のパンがあったら食べてみる。今回も店主の方にお聞きしたら、こちらの焼きりんごベーグルが人気とのことで。さくさくのりんごソテーにトッピングとしてシナモンシュガーが上にかかっています。ちなみに、焼きりんごベーグルのヒントになったのはマクドナルドのアップルパイなのだそうで、それをお聞きして一気に親近感が沸いちゃいました(笑)いや、それなりのストーリーを作り、うんちくを考えれば話せるところ、正直にマックのアップルパイって。また、そのイメージからこんなに美味しいベーグルに転換できるなんて凄いなと思って。

 

Kepo Bagles
住所:東京都世田谷区上北沢3-17-8 
電話番号:03-6424-4859 
営業時間:9:00~19:00
定休日:月曜(祝日の場合は営業)、火曜(祝日でも休み)
HP:http://www.kepobagels.com/