旅するパンマニア

1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニア・片山智香子が国内・海外のパンを求めて旅をする!毎日更新!【国内】都内近郊、北海道、京都、大阪、愛媛、福岡、沖縄【海外】台湾、ベトナム、ハワイ、シンガポール、オーストラリア。目下【港区】のすべてのパン屋を訪問、コンプリートを目指す!珍パンハンターとしても活動中!

【東京・恵比寿】老舗有名店にも卸している卵を使用したえびすコッペは必食! えびすぱん

f:id:panyameguri:20171010192342j:plain旅するパンマニア 片山智香子です。

2017年3月にオープンしたえびすぱん。恵比寿駅から徒歩8~10分くらいかな。レンガ造りなビルの1階にあります。店内に入るといままでのコッペパン専門店とはなんとなく雰囲気が違います。目の前でトッピングをぬってくれるところや、すでに作られた状態ではあるけれど、カウンターな対面式で購入するスタイルなどがコッペパン専門店のイメージだったけれど、こちら、えびすぱんはカフェ?ビストロ?と思わず思ってしまうような店内なんです。

f:id:panyameguri:20171010192245j:plain

f:id:panyameguri:20171010192315j:plain

お客さんの層としては場所柄、会社員の人が多かったです。こぶりなコッペパンなので女性が圧倒的に多いのかなと思ったら、店内に男性のお客さんもいました(笑)コッペパンにサンドする具材は毎朝お店で手作りしているのだそう。まずはそのお店の一番人気を食べるのがパン屋さんめぐりのマイルール。f:id:panyameguri:20171010192342j:plain

 一番人気の「えびすこっぺ」こちらに使用されている卵は、カステラの文明堂や親子丼で有名な玉ひでにも卸している立川にある伊藤養鶏場が無農薬飼育をしているなどかなりのこだわりの卵。手のひらをちょっとだけはみ出るくらいの小ぶりさ。固すぎず、柔らかすぎずシンプルで飽きのこない食感、味わいのコッペパンにクラッシュした卵がサンドされています。卵がすぶしきらずに大きく入っているので口の中で存在感あり、薄味なので、素材そのものの味を感じます。ちなみに、こんなにこだわっているのに180円は安すぎます!ここのコッペパンは全体的にリーズナブルで思わず、じゃー、これもください!と種類違うものを買ってしまいます。

f:id:panyameguri:20171010192415j:plain

f:id:panyameguri:20171010192254j:plain

もう一つ購入したのは燻製サバ。二番人気だというとんかつとどちらにしようか迷ったのですが、店内で食べていた男性がサバの話しをしていたのと、ラスワンだったので思わず。ほぐしたサバにドライトマトがサンドされていて、気持ち単調になりがちなところをドライトマトがいい感じにアクセントになっておりました。

f:id:panyameguri:20171010192353j:plain

8名くらい座れるイートインスペースがあり、今回は店内で頂いてきました。コッペパンは10種類ほどのラインナップですが、惣菜系ありスイーツ系あり。個人的にはティラミスが気になるので次回行ったときはそちらも食べてみます。

 

えびすぱん
住所:東京都渋谷区恵比寿1-23-16第六大浦ビル1F
電話番号:03−6450−2362
営業時間:11:00~18:00
定休日:水曜日
HP:https://www.facebook.com/ebisupan2017/