旅するパンマニア

1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニア・片山智香子が国内・海外のパンを求めて旅をする!毎日更新!【国内】都内近郊、北海道、京都、大阪、愛媛、福岡、沖縄【海外】台湾、ベトナム、ハワイ、シンガポール、オーストラリア。目下【港区】のすべてのパン屋を訪問、コンプリートを目指す!珍パンハンターとしても活動中!

【東京・表参道】パン屋で寄席?!絶品パンはもちろん、寄席も楽しめるパン屋さん!パンオスリール

f:id:panyameguri:20170915044135j:plain

旅するパンマニア 片山智香子です。

JR渋谷駅からは徒歩5分。ただ、最寄駅でいうと東京メトロの表参道の方が近いかもしれません。大通りから少し入っていることもあり表参道にあるのにとっても静かな環境。こちらのお店、以前246沿いにあった246commonの中に入っていてそちらに行ったのがが初めて。ちなみに246commonはちょっとおしゃれな屋台村みたいなところで、いまはCOMMUNE 2ndと名前を変え新しい業種のお店が入っている様子。

f:id:panyameguri:20170915044317j:plain

パンオスリールのパンは国産小麦にこだわり、酵母は白神こだま酵母を使用。カンパーニュにはブドウから培養したブドウ酵母を、ライ麦パンにはライ麦粉から培養したサワー種を使用しているようです。ちなみに白神こだま酵母、どんな酵母なのかというと、1年のうち半分は雪に埋もれる豪雪地帯で命を繋いできた白神こだま酵母は強い発酵力を持ち、通常の酵母の4倍のトレハロースを菌体内に貯蓄しているので、自然な甘さを持ったパンが焼けるのだそうですよ。

f:id:panyameguri:20170915044109j:plain

f:id:panyameguri:20170915044330j:plain

一番人気はバゲット。まず個人的なことを言うと焼き色が好み(笑)見ているだけでも香ってきそうな焼き色濃いパンが好きなので食べる前から期待増。実際頂いてみると、一晩ゆっくり寝かせて焼き上げているということもあり、さっくりした食感のあと噛めば噛むほど粉や酵母の味わいが口の中に広がります。

f:id:panyameguri:20170915044657j:plain

焼きたてのパンをイートインするのもオススメではありますが、8時から10時まではモーニングメニュー、お昼にはランチメニューもあるのでスープやサラダなどパンとの組み合わせを楽しむのも良いのでは。ちょっと記憶が定かではありませんがランチメニューは2種類くらいから選べたような気が・・・。

f:id:panyameguri:20170915043424j:plain

そして、奥のイートインスペースでは多数イベントも開催されているのですが、他のパン屋さんにはない面白い試みとしてパン屋で落語・スリール亭があります。私も一度行ったことがあるのですが、実は落語を聞くのも初めて。

f:id:panyameguri:20170915043421j:plain

f:id:panyameguri:20170915043429j:plain

いまは真打に昇進された柳家小八さん(二つ目のときは柳家ろべえさん)の最後のパンオスリールでの寄席という貴重な会に参加。落語を聞いた後は美味しいパンを頂きながら懇親できるというパン好きにもたまらないイベント!スリール亭は、いまでも定期的に開催されているようなのでご興味ある方はチェックしてみてくださいね。

 

パンオスリール
住所:東京都渋谷区渋谷1-4-6-1F
電話番号:03-3406-3636
営業時間:8:00~20:00
定休日:毎週日曜、月曜日
HP:http://pain-au-sourire.jp/