旅するパンマニア

1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニア・片山智香子が国内・海外のパンを求めて旅をする!毎日更新!【国内】都内近郊、北海道、京都、大阪、愛媛、福岡、沖縄【海外】台湾、ベトナム、ハワイ、シンガポール、オーストラリア。目下【港区】のすべてのパン屋を訪問、コンプリートを目指す!珍パンハンターとしても活動中!

【埼玉】想像をはるかに超えた「今週のそうざいパン」は食べてみる価値あり!翠玉堂

f:id:panyameguri:20170816101551j:plain

旅するパンマニア 片山智香子です。

埼玉県行田市にある翠玉堂。横浜在住の私、JRで熊谷まで行きそこからは秩父線行田駅下車。南口から徒歩5分ほどなのですが、駅からの道順は結構簡単。ロータリーを背に前進、りそな銀行を左折した通りにあるので迷うことはないかと。そう、横浜から行くと片道2時間はかかる場所にあるのですが、ネットで翠玉堂の存在を知り行かずにはおられずに、わざわざそれだけのために行ってきた私。

f:id:panyameguri:20170816102457j:plain

 こちらの名物ともなっているのが「今週のそうざいパン」そう、この惣菜パンが想像をはるかに超えた規模なので人気があるのです。私が行った時は、焼うどんパンだったのですが、その前の週は中華丼パンだったし、コッペパンにご飯と鰻をサンドした鰻パンや、節分には豆(もちろん煮たり焼いたりもせず節分の時に食べるあの豆)をサンドした節分パン。ひなまつりには雛あられをサンドしたものなど、つっこみどころ満載なのです!!

f:id:panyameguri:20170816103549j:plain

ただ、店主の名誉のために断っておきますが、変わっているのは「今週のそうざいパン」だけ。お話を聞くと小麦粉は南部小麦(国内産(岩手産)の小麦粉)を使用しているそうだし、バゲットやあんバター(コッペパン)など普通のパン屋さんで売っているようなパンも売っています。行く前までのイメージとしては、少し変わったもの好きな人が集まるパン屋さんなのかな?と思っていたのですが、実際には近所のおばあちゃんと思われる方が、購入しにきていましたね。なにげに近所の方に愛されている?(笑)

f:id:panyameguri:20170816104134j:plain

 f:id:panyameguri:20170816104422j:plain

 さて、話を焼うどんパンに戻して、まずは焼うどんの量!写真、横からも撮れば良かったと今、ブログを書きながら思ってますが、結構な量はいってます。正直、味に関しては大して期待してなかったのですが、なにげにこれが美味しい!コッペパンの素朴な甘味、焼うどんの味が濃すぎず、ただ、旨みがじんわり麺にしみわたっているので一体感さえ感じる。食べていても飽きず、結局まるまる一つイートインで食べきってしまった。 

f:id:panyameguri:20170816105540j:plain

こちらがイートインコーナー。お店の奥にあるのだけれど、素敵でしょ!日本家屋の雰囲気のあるスペースで席数としては4席だけだけれど、食べていくことができます。いつもかは分かりませんが、私が行ったときは麦茶も出してくださって、あんなにパンチのきいたパンを販売しているのに、小麦粉にはこだわっているし、店構えは「和」な感じで素敵だし、このギャップが最高!

f:id:panyameguri:20170816110124j:plain

 

翠玉堂
住所:埼玉県行田市行田5-7
電話番号:048-556-2640
営業時間:11:00~19:00
定休日:月曜日~水曜日
HP:twitter.com